FC2ブログ

同じ空の下 ~四国お遍路の旅~

四国八十八ヶ所、車お遍路の記録はカテゴリーの★お遍路プラン★より札所ごとの記事にリンクしています^^現在はお遍路を終えてお出かけや旅行、日々の事を綴っています♪のんびりと楽しみながらいつか47都道府県制覇したいな☆

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

66番札所 雲辺寺 ~こんな山奥に駅がある?~

66番札所 雲辺寺(うんぺいじ)



1時間近く移動して到着した雲辺寺ロープウェイ駅ですが、ここに来るまでかなり
不安になってしまった。
ナビはある。
でも、本当にこんな山奥に駅があるのか?という思いが、どうしても不安になった。

私のイメージでは、山にあがるためにロープウェイに乗る=平地が駅というもの。
信じられない山道を進んでも進んでも続く道。。。
どれくらい山道を走っただろう??
細い道を進んだ先にやっと駅が。。。

しかも今まで散々、細いカーブの道を進んできたのに現れたロープウェイ駅の広さ。

こんな標高の高い所に駅があるのに、更にロープウェイで山頂に行くのだ。
さすが88ヶ所中、最高所の札所だけあるね・・・。

ロープウェイは往復2.000円也。


7分で、あっという間に到着。

降りた途端、ヒヤッ~・・・肌寒い!と思ったら気温6°cでした^^;



駅から本堂を目指します。
途中、県境の印が!


こちらの札所は讃岐の国ですが、本で見る札所の住所は徳島県。
こういう境ってちょっとワクワクする^^

そして五百羅漢像を眺めながら歩いて行きます。





敷地が広大で、本堂と大師堂が離れた場所にありました。
納経所は本堂付近にあるので、本堂→大師堂→納経所と移動するだけでも
結構な時間と体力が(笑)

標高920mなだけあって、私が回ってきた時期では一番紅葉が進んでいました。




大師堂のそばにマニ車というものがありました。





もちろん、私もやってみた^^

私が参拝を終えてロープウェイ駅に戻っていると、65番でお見かけした
ご夫婦が到着した所でした。
65番では、お話はしなかったのだけどご主人が立派なカメラを持っていて
三脚で写真を撮っていたのが印象に残っていて覚えていたのです。
お写真を撮っていたので会釈したら、ご主人から高速で来た?って聞かれました。
確かにナビを設定する時、高速表示があったのだけど、一般道優先で検索したら
時間差がなかったので一般道で来ましたって答えたら、やっぱりそうだよねって^^
お互いに「お気をつけて」と言葉を交わしお先に失礼しました。

ロープウェイの時間もあるし、あまりゆっくり出来なかったのが残念。
あとから手持ちの本に、『おたのみなす』というのがあったことを見て
見逃したことに気がついた・・・。
茄子の形の像で、お願い事をしながら座ると願いが叶うと言われているとか。
あ~、そんなの好きなのに(笑)

そして無事に駐車場に戻ってきて、いい香りに誘惑されちゃった^^



青空のしたで食べるものは美味しい!!
ベンチに座って遠くの景色を眺めながらいただきました♪

66番札所、雲辺寺からは、讃岐の国の札所。
うるう年にあたる2012年度、讃岐の国の札所限定で、記念散華(さんげ)というものが
配布されていました。
この散華には梵字(ぼんじ)が1つずつ印刷されていて、讃岐国23ヶ寺を巡ると
光明真言(こうみょうしんごん)が完成するようになっているらしい。
ここからは、納経の時に御姿と散華をいただくことになるのだ。
忘れないようにしなければ・・・と思った。


66番札所 雲辺寺
ご本尊   千手観世音菩薩さま


スポンサーサイト



| ★お遍路日記★ | 15:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

COMMENT















非公開コメント

PREV | PAGE-SELECT | NEXT